湖に鳥居 白鬚神社

びわ湖に浮かぶ白鬚神社大鳥居 秋の夕景

びわ湖に浮かぶ白鬚神社大鳥居 秋の夕景

びわ湖に浮かぶ白鬚神社大鳥居 秋の夕景

びわ湖に浮かぶ白鬚神社大鳥居 秋の夕景

美しく透きとおる白鬚神社鳥居付近のびわ湖

美しく透き通る白鬚神社鳥居付近のびわ湖

美しく透きとおる白鬚神社鳥居付近のびわ湖

美しく透き通る白鬚神社鳥居付近のびわ湖

雪の中たたずむ白鬚神社鳥居

雪の白鬚神社湖中鳥居

水の中に鳥居がある場所というと、全国的知名度が一番高いのはやはり日本三景のひとつ広島県・宮島の厳島神社だと思いますが、近畿圏在住で、車やバイクで国道161号線をよく走る方になじみ深いのはこちら、琵琶湖にある白鬚(しらひげ)神社の湖中大鳥居。所在地は滋賀県高島市鵜川です。

>> 白鬚神社

高島市の国道161号線沿いにあり(鉄道なら湖西線近江高島駅より3km)、京都から安曇川、近江今津、敦賀方面へ車を走らせると、必ずこの横を通ります。

京都方面から北上していくと、1車線が2車線になって琵琶湖沿いにちょうど快適に走れる場所にあたります。なじみの風景ではあるけれど、車を停めてゆっくりここから景色を眺めたことはないなぁ・・・という人も、もしかしたら少なくはないのではないでしょうか。

それでも最近は、以前よりもクルマを停めて近くまで行ってみている人が増えたようには思います。スピードの速い車がびゅんびゅん走り去る国道沿いなのでじゅうぶんに注意が必要ではありますが、時速50kmや60kmで走り去るのとはまた違った感動や発見があります。また、この鳥居周辺でSUP(スタンドアップパドルボート)を楽しむ人たちの姿をよく見かけるようにもなりました。

クルマからでも美しい風景なのですが、降りてみないと透き通った美しい水はわかりません。

【撮影シーズン:秋・冬】
(1~2枚目2013年11月20日/3~4枚目2019年1月14日/5枚目2014年2月5日) 

【アクセス】
■公共交通機関
JR湖西線「近江高島」駅よりタクシーで約5分 徒歩40分 (3km)
■クルマ
国道161号線沿い 京都東ICから40kmほど、琵琶湖大橋から23kmほど(駐車場あり)


大きな地図で見る

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする