「 京都府の絶景 」一覧

夕日ヶ浦(浜詰海岸)の夕景

夕日ヶ浦の夕景

夕日ヶ浦の夕景

夕日ヶ浦 光放つ日没

夕日ヶ浦 光放つ日没

夕陽に向かって続く足あと

夕陽に向かって続く足あと

沈む瞬間の夕陽

沈む瞬間の夕陽

浜詰海水浴場

木製の散歩道「夕日の路」

  
京丹後市網野町の夕日ヶ浦(浜詰海岸)はその名の通り夕陽の名所です。
周辺は夕日ヶ浦温泉で、絶景の夕陽を眺めながら楽しめる温泉宿がいくつも並びます。丹後ですのでもちろん冬はカニが楽しめます。

夏はとっても遠浅で水の美しい海水浴場。木製の散歩道「夕日の路」を歩きながら夕陽を楽しむこともできます。
日本の夕陽百選にも選ばれており、その名に違うことのない夕陽の絶景スポットです。

【撮影シーズン:初夏/秋】
1枚目  2013年5月23日
2~4枚目 2019年10月9日
5枚目  2016年5月 4日

【アクセス】
■公共交通機関
京都丹後鉄道(たんてつ)「夕日ヶ浦木津温泉」駅より徒歩約20分またはタクシー5分程度(宿泊する場合は温泉宿の送迎バスあり)
■クルマ
京都縦貫自動車道から山陰近畿自動車道「京丹後大宮インターチェンジ(2016年10月開通)」より約23km、30~40分程度(駐車場あり)


美しく透明な海 京丹後間人・城島

間人・城島の美しい海

丹後町・城島の美しく透き通る海

間人・城島の美しい海

丹後町・城島の美しく透き通る海

三嶋神社 鳥居

城島(城嶋)にある三嶋神社

間人・城島の美しい海

城島の透明な海

美しい海 間人・城島公園駐車場付近

城島(城嶋)散策に利用できる駐車場

京都府最北端のまち、京丹後市丹後町。
山陰海岸ジオパークの東端にもあたる丹後町。その中の間人(たいざ)には、城島(城嶋)という周囲4キロメートルほどの小島があります(読みは“しろしま”)。その周辺、とても水が透き通り、美しい風景が広がっています。ちなみに間人は、“間人ガニ”で有名なあの間人です。
道路標識では「城島」と表記されていましたが、「城嶋」との表記も多く見られます(読みは「しろしま」)。西岸は、広い波食台。この付近、とにかく水が美しいのなんの・・・

>> ユネスコ世界ジオパーク 山陰海岸ジオパーク(間人周辺情報)

城島は、その名の通りかつて城のあった、周囲4キロほどの島です。釣りが好きな人にはよく知られている釣りスポット。島といっても丹後半島側から目と鼻の先で、短い橋で渡ることができます。
城島(城嶋)散策に利用できる駐車場もあります。
この駐車場あたりの風景もとても魅力的で、海の風景が好きな人ならば、この堤防に座っていつまでも海を眺めていたくなる・・・そんな美しさです。

【撮影シーズン:初夏】
すべて2018年6月3日

【アクセス】
■公共交通機関
京都丹後鉄道「網野」駅より丹海バス で約20~25分「長浜」下車、徒歩約10分
■クルマ
京都縦貫自動車道から山陰近畿自動車道「京丹後大宮インターチェンジ(2016年10月開通)」より約25km、30~40分程度


お茶の京都 宇治田原の茶畑

宇治田原の茶畑

「お茶の京都」宇治田原の茶畑

宇治田原「茶農喜左衛門」の茶畑

「茶農喜左衛門(さのうきざえもん)」の茶畑

宇治田原「茶農喜左衛門」の茶畑

「猪目窓」で有名な正寿院近くの茶畑「茶農喜左衛門(さのうきざえもん)」

宇治田原「茶農喜左衛門」の茶畑

「猪目窓」で有名な正寿院近くの茶畑「茶農喜左衛門(さのうきざえもん)」

宇治田原「茶農喜左衛門」の茶畑

見学・散策させていただいた茶畑「茶農喜左衛門(さのうきざえもん)」

京都府が、古都京都とはひと味違う府内の各エリアにスポットをあてて2014年から実施しているキャンペーン「もうひとつの京都」。
京都の3つの顔がピックアップされており、「海の京都」と「森の京都」と、もうひとつが「お茶の京都」で、茶生産地として長い歴史を有し、素晴らしい景観を形成する京都府南部地域にスポットが当てられています。

お茶の京都

そんな「お茶の京都」、茶源郷とも言われる和束町の景観は有名ですが、煎茶の製造方法(青製煎茶製法)を発明した永谷宗円の生家がある宇治田原(うじたわら)町でも、こんな素晴らしい景観が広がっています。
2枚目以降の茶園の写真は、ハート形の窓「猪目窓」で有名な正寿院(しょうじゅいん)の近くにある「茶農喜左衛門(さのうきざえもん)」さんの茶園

茶農喜左衛門(さのうきざえもん)

このときは、田んぼはもう土色の風景になってきている季節だったのですが、茶畑は見事に一面緑です。

【撮影シーズン:秋】
(すべて2018年11月11日) 

【宇治田原町へのアクセス】
■公共交通機関
京阪またはJR「宇治」駅、あるいは近鉄「新田辺」駅より京都京阪バス「工業団地」「緑苑坂」「維中前」行きに乗車で宇治田原町内に到着、町内移動はコミュニティバスや町営バス利用
■クルマ
京滋バイパス「宇治西」「笠取」「南郷」から20分程度
滋賀方面からの場合、国道307号線(信楽に隣接)


京都御苑 閑院宮邸跡の床みどり

美しく床に映える閑院宮邸跡の床みどり

美しく床に映える閑院宮邸跡の床みどり

美しく床に映える閑院宮邸跡の床みどり

新緑を楽しむ京都の穴場

静寂の京都御苑

「床みどり」が見られる収納展示室の建物

風格の漂う閑院宮邸跡

風格の漂う閑院宮邸跡

趣きある美しい中庭

趣きある美しい中庭

ゆったりと優雅な時間の流れる京都御苑

ゆったりと優雅な時間の流れる京都御苑

美しい紅葉スポットが多い京都。すなわち数々の新緑が美しい場所がありますが、ここ京都御苑・閑院宮邸跡は京都で新緑を楽しむ穴場中の穴場と言っても過言ではないのではないでしょうか。黒い床板に緑が映る「床みどり」は、左京区岩倉の実相院が有名ですが、京都御苑にある閑院宮(かんいんのみや)邸跡でもこんな「床みどり」が楽しめます。
閑院宮邸跡は、京都御苑の長方形の左下に位置しています。なので、地下鉄烏丸線「丸太町」駅からすぐです。

冒頭に「穴場中の穴場」と書きましたが、「床みどり」の名所・実相院と比べると、この閑院宮邸跡にはとても驚くべきことがいくつもあります。

まず、この記事の写真にまったく他の人たちの姿が写っていませんが、これは平日や朝一番の開館間もない時間の写真ではありません。土曜日の昼間です。驚くほどの人の少なさ・・・。
じつは、2017年5月18日京都新聞 夕刊でここが紹介されました。そして、この日は新聞に載った直後で、最初の土日。さすがに人が多いだろうと思っていたにもかかわらずこの静けさ。格調高き静寂の空間に、感動をおぼえました。

そして、実相院の「床みどり」は撮影できませんが(禁止されています)、ここはご覧の通り撮影できます(2017年5月現在の情報です)。
前述の通り、ものすごく人が少ないですので、最初の2枚のように誰もいないところを撮るのもそんなに難しくありません。さらに、驚いたのがこの閑院宮邸跡、入館無料なんです。にもかかわらず、「床みどり」だけではなく趣きある美しい中庭も楽しめてしまいます。

ゆっくりゆったりと優雅な時間を過ごせる場所です。

京都御苑 閑院宮邸跡
休館日   月曜日・年末年始(12月29日~1月3日)
参観時間 9:00~16:30 ※受付16:00まで
入場料   無料(予約不要)

※掲載中の情報は2017年5月20日現在のものです。

【撮影シーズン:初夏】
すべて2017年5月20日

【アクセス】
■公共交通機関
地下鉄烏丸線「丸太町」駅 徒歩4分
■クルマ
こちらを参照してください