夕日ヶ浦(浜詰海岸) 光放つ夕景

  

京都府京丹後市網野町の夕日ヶ浦(浜詰海岸)はその名の通り夕陽の名所。
周辺は夕日ヶ浦温泉で、絶景の夕陽を眺めながら楽しめる温泉宿がいくつも並ぶ。丹後なのでもちろん冬はカニが楽しめる。

夏はとっても遠浅で水の美しい海水浴場。木製の散歩道「夕日の路」を歩きながら夕陽を楽しむこともできる。
日本の夕陽百選にも選ばれており、その名に違うことのない夕陽の絶景スポットだ。

どこまでも続くロングビーチ。
シートを敷いて、ゆっくりと冷たい物を飲みながら陽が沈むのを眺める。年に一度はここでそんな過ごし方をしている。

美しき柱状節理・立岩と虹色の波


美しい海の風景が広がる「海の京都」丹後半島。日本三景のひとつ天橋立付近は多くの観光客でにぎわっているが、半島の北端部に位置する京丹後市丹後町まで来ると、あふれかえるような観光客と出会うことはほとんどなく、静かにその自然美を楽しむことができる。
その丹後町あたりは、山陰海岸ジオパークのほぼ東端でもあり、壮大な景観を見せてくれる場所がいくつもある。
そのうちのひとつが立岩。安山岩からなるこの立岩、とても美しい柱状節理で、高さは20メートルにもおよぶ。
風の強い秋の日、波打ち際で砕けた波が虹を生み出しているのもまたとても美しかった。